2021年 · 11日 6月 2021
美術雑誌「美術屋 百兵衛」、中野氏による連載「美のことごと」第33回、”ヘンだからに惹かれる” の中で、原 大介の個展について触れていただきました。 ありがとうございます。 下記に記事を抜粋させていただきました。
1977年 · 01日 6月 2021
 1977年であるが、生徒さんの中井セツ子さん(中井さんは公募団体展“純展”の幹部でもあり今尚活躍中である)から御依頼で丸山陽さんという方の個展の紹介文を書いてくれないかという事があった。 丸山陽さんは笠原先生のご指導のもと、重い障害と向き合いながらの初個展であった。 その時の文章である。 当時の自分の考え方が反映されていると思う。
1987年 · 12日 5月 2021
1987年6月9日(火)〜6月21日(日)、私が39歳のころ、大阪の画廊ぶらんしゅにて企画していただいた個展の記録です。
2000年 · 10日 5月 2021
オーナーの荒居さんが亡くなり、閉廊してしまったギャラリークラマー。目黒にありました。 21世紀を目前にした、2000年に開催した個展の記録です。
2021年 · 24日 2月 2021
月刊アートコレクターズ2021年3月号の巻頭カラー特集「これでわかった!抽象絵画の世界」に原大介の作品を掲載していただきました。8ページめです。 書店でもし見かけたらお手に取ってみてください。
31日 12月 2020
2020年12月に急きょ開催が決まった椿近代画廊における個展の記録動画です。 3分40秒ほどですので、もしよかったらご覧ください!
2020年 · 09日 12月 2020
画家・原大介自身による作品解説、美術評論家・清水康友氏による言説も収録しました。 3分40秒の動画です。 時間あればぜひご覧ください! また、更新頻度は多くありませんが、もしよろしければチャンネル登録も励みになりますのでよろしくお願いいたします!
2020年 · 04日 12月 2020
コレクション展の様子です。3分40秒ほどの動画です。
2020年 · 08日 11月 2020
コロナ禍ではありますが、お近くに来られた際は是非お越し下さい! 皆様のご来場を心よりお待ちしております。 なお、水曜日は作者不在です。
2020年 · 06日 11月 2020
『瞬間と永遠を描く』  原大介の作品は様々に展開し今尚変容を続け、その画面には常に瞬間と永遠が描き出されている。不変と可変の鬩ぎ合いは、新たな創造の起爆剤ともなり得る。...

さらに表示する