私は戦後アメリカの占領下にあった日本の神戸に生まれ、抽象絵画を描く画家となった。当時の神戸は日本古来の文化と新しく入ってきたアメリカ文化がない交ぜになった環境であった。

 

そんな中で育った私が影響を受けたものを列挙してみると、ビートルズ、ボブディラン、ジャクソンポロック、具体派、ピカソ、俵屋宗達、多くの日本画、書画、ポップアート、抽象表現主義などがある。

 

私の作品は、私が今この時代に生き、呼吸をし、たしかにここに存在しているということを示すシグナル、存在証明である。

私は絵画の中で、私という個人を掘り下げ、いつの時代の人間にも変わらず共通する地下水脈のように拡がる普遍的な感覚に繋がりたいと思っている。

 

存在の本質に迫るための手法として、抽象的な画面構成の中に、しばしば相反した、あるいは矛盾した要素を可能な限りシンプルな手順で同一画面に持ち込む。たとえば、静けさと激しさを同じ価値で並べてみたり、集中感と拡がりを同時に表現したり、調和する全体に敢えて破綻部分を入れてみたりする。

 

絵画はあらゆる人々にとって言葉と並ぶ別系統の言語、視覚言語であり、それ自体がすでに強い意味を持ったメッセージである。

私は絵画の可能性を強く信じている。

 

2018.5 原 大介

Born in Kobe, Japan, in 1947, right after WWII, when the country was under the US occupation.  Raised in such an environment that both traditional Japanese and newly introduced Western life styles were coexisted.  Naturally, influenced by not only such authentic Japanese artists as Tawaraya Sotatsu, and other Rinpa school painters and calligraphers, but also the Beatles, Bob Dylan, Jackson Pollock, Pablo Picasso, and other American pop artists, his way of artistic expression became somewhat mysterious and inexplicable, giving an attempt of intermingling and harmonizing such conflicting views as calmness and intensity, concentration and diffusion, and harmony and disorder.  On his drawings, various uncanny yet simple beauties exist together in one piece of art.   The major theme in his art has been to display the contrast and symbiosis among the variant beings, which signifies the diversity of nature for him.

 

Inspired by abstract expressionism, Hara began to consider his paintings as a spiritual communication tool between human mind and the other dimension of the world.  Each piece of his artwork is to be unique and indispensable, and makes viewers feel its vibration to alter the atmosphere of the displayed space.  It symbolizes the unity of human, and the linkage between people and the universe, that has been apart but would be reconnected by his art as if different people living in distance could share, could be linked by, the same source of underground water vein.

 

Hara is a strong believer in the great potentiality and infinite possibilities of art.  He regards his artworks as proof of existence of life.  Painting helps him discover his own self because it reflects unconscious heart within, and it conveys to viewers strong emotional messages.  Once completed, art pieces become independent from the artists, and receive another life of who they really are. 


原大介作品・2008年・椿近代画廊にて
原大介作品・2008年・椿近代画廊にて

進んでは、時に少し戻る。

その度にわずかずつだが、何かが見えて来る。

自分の裡にあって、変わらぬものと

立ち合う時の不安な安堵。

 

しかし、いつもそれは同時にズレであり

自分の現在形が少しずつ音をたてながら

変容していく。

その事のキシミに立ち合うことでもある。

 

変わろうとするものと、変え得ないもの

この相克、この葛藤はそのまま

私の制作活動の全域に迷路の様に

見え隠れしている。

 

私にとって、絵画することの根拠は

深くその様な問いかけの中に

由来してきたからである。

 

原 大介